【ライカMレンズ】「至高のMレンズ」ムービー

ライカM型カメラは、卓越したフォトグラフィーを象徴するカメラであり、ライカMレンズも卓越したフォトグラフィーを実現するために重要な役割を果たしています。

ライカの光学開発部門の責任者、ピーター・カルベは、ライカのレンズ開発において、「数値で表すことができない人間的な要素」を製品に取り入れながら、高度な技術とクラフトマンシップの融合から新しいMレンズを生み出す基礎を築いてき ています。

ドイツ・ウェッツラーのライカ本社で、カルベ氏が自身の仕事について語る本動画は、視聴時にYouTubeの日本語字幕の設定をオンにすることで、日本語字幕でお楽しみいただくことができます。ぜひ、ご覧ください。