Login Register Contact
LINEで送る

【ライカプロフェッショナルストア東京】   蓮井幹生写真展「I’m thinking between the trees」を開催

2018/04/05

ライカプロフェッショナルストア東京では、蓮井幹生の写真展 「I’m thinking between the trees」 を2018年4月13日(金)~7月1日(日)まで開催いたします。

「この作品をシリーズとして制作し始めてすでに6年くらい経つと思う。きっかけは、長野あたりにアトリエを作ろうと軽井沢や八ヶ岳周辺を巡っていた時に、その辺りの半人工の雑木林の美しさに魅せられたことです。半人工という意味は、原生林ではなく、なんらかの開発により伐採された森に二次的に生まれてきた二次林や、植林によって生まれた森を指します。
アカマツや杉、ブナや白樺など、日本の森に一般的に植栽する木々。私はその半分作られて、半分は自然として放置されたその森に、私たちの現代の生活を感じるのです。
もはや自然の一部として生きることのできない私たちは、それでも自然体として生きることに憧れ、ささやかな努力をしています。
理想郷を追うではなく、今のありのままを受け入れて、そこに自分自身に与えられた生を感じること。私はそんなことをこの雑木林の中で考えているのかもしれません。」 蓮井幹生

写真展概要
タイトル: I’m thinking between the trees
作家: 蓮井幹夫(Mikio Hasui)
期間: 2018 年 2018年4月13日(金)~ 7月1日(日)
会場: ライカプロフェッショナルストア東京
東京都中央区銀座 6-4-1 東海堂銀座ビル 2 階       Tel.03-6215-7074
(日・月曜定休、営業時間:11:00-19:00)

プロフィール
1955年東京都出身。アートディレクターを経て写真の道へ入る。カルチャー系エディトリアルシーンで発表されたポートレイト作品により注目を集めることになるが、着々と表現の幅を拡大し、ストーリーを語りかける写真表現で厚い信頼を得る。写真表現が持つ、精緻なメッセージを引き出すその撮影姿勢を反映した作品「PEACELAND」は独自の世界観の核を成し、継続的に発表され、2009年にはフランス国立図書館に収蔵される。また2010年にも「詠む写真」が同館にコレクションされる。2013年COMMEdesGARCONSBLACKSHOP(ベルリン)にて個展「IMAGINEINTHELIGHT」開催、2014年企画展「TwoMountains」(クアラルンプール)、2017年企画展「PHOTOGRAPHYNOW」(ロンドン)へ参加。
http://mikiohasui.com