【ファームウェア】「ライカSL2-S」最新版ファームウェアVersion2.0を提供開始

ライカカメラ社は、ライカSLシステムの最新機種である「ライカSL2-S」の最新版ファームウェア Version 2.0を公開しました。

この最新版ファームウェアをインストールすることにより、動画撮影における機能が大幅に向上するとともに、数多くの新機能を追加できます。これらのアップデートは「ライカSL2-S」発売時にすでに公表していたもので、今回の最新版ファームウェアの公開によって実現します。

アップデートされる機能として、新しいオートフォーカスアルゴリズムにより、瞳認識、顔認識、頭部認識、人体認識に加え、追尾のオートフォーカス性能が大幅に向上します。また、カメラ内メニューから選択可能な画像のオーバーレイ機能を使用することで、撮影済みの画像を電子ビューファインダーや液晶モニターに透過モードで表示し、構図やアングルのずれを調整しつつ撮影することができます。さらに、ライブビュー機能の強化により、光量が少ないシーンでの画面構成もコントロールしやすくなります。

今回の最新版ファームウェアの最大の特長は、すでにプロレベルの動画性能を実現している「ライカSL2-S」の動画撮影機能がさらに向上することです。これまでは4K動画を30p/25p 4:2:2 10bitでの記録が可能でしたが、新たにHEVC動画圧縮規格H.265での59.94p 4:2:0 10bitで記録できるようになります。

また、従来の400Mbps 4:2:2 10bitに加え、Long GOP圧縮では150MbpsでSDメモリーカードに記録することもできます。さらに、SDメモリーカードを介して個々のルックアップテーブル(LUT)をアップロードする機能により、LUTを適用した映像が表示可能になり、クリエイティブな映像表現の可能性が広がります。これらに加え、追尾オートフォーカスの強化によって、動画撮影中に自動的に焦点追従を行うためのフォーカスポイントを最大3点登録することができます。

また、プロレベルの露出調整を可能にする波形モニター表示機能や、撮影後の編集作業でのカラーグレーディングに便利なカラーバー表示機能も追加できます。カラーバー表示機能では、音声調整を容易にするテストトーンも出力されます。さらに、動画を1分単位のセグメントに分割して個別のファイルとして内部記録可能な動画のセグメント化機能も追加しており、万が一の場合のデータ損失を最小限に抑えることもできます。


「ライカSL2-S」最新版ファームウェアは、ライカカメラジャパンの下記ページよりダウンロードしていただけます。

「ライカSL2-S」最新版ファームウェアVersion 2.0



ライカSL2-S 最新版ファームウェア Version 2.0での改善点一覧

新しいオートフォーカス
アルゴリズム
瞳/頭部/胴体認識およびフォーカストラッキングを改善
HEVC動画圧縮H.265コーデック、60p/50p、10bitで内蔵メモリーに4K録画が可能
Long GOP150 – 200 MB/s 、10bitコーデックで録画
All-Intra方式と同じ画質で、データ容量が半分未満になります
動画のセグメント化データの損失を避けるため、記録した動画を1分単位のセグメントに分割します
個別ビューイングLUT個々のルックアップテーブル(LUT)をアップロードする機能
ライブビューの強化ライブビューの画像を改善し、光量が少ない画像の構図をコントロールしやすくなります
画像のオーバレイ表示撮影済みの画像をEVF内またはLCD上に透過モードで表示し、カメラの位置やアングルを調整することができます
追尾オートフォーカスの
強化
動画撮影中に自動的に焦点追従を行うためのフォーカスポイントを、3点登録できます
波形モニター
映像信号の露出を評価するためのプロ用機能です
カラーバー
撮影後の編集作業でカラーグレーディングとサウンドコントロールを正しく行うことができます
タリーモード
動画撮影中は本体のLCDに赤色の枠が表示されます
ハイライト部重視の測光
シャドー部より、ハイライト部を重視した測光が可能です
ダイナミックレンジの
制御
シャドー部の輝度を上げダイナミックレンジを拡張します
コントラスト(階調性)の
調整
最適なコントラストになるよう調整が可能です