特別限定モデル:「ライカM-A チタンセット」発売

ライカカメラ社(Leica Camera AG、本社:ドイツ・ウェッツラー、以下ライカ)は、特別限定モデル「ライカM-A チタンセット」を発売いたします。

ライカはこれまでに、材質にチタンを使用したカメラを特別限定モデルとして何度かリリースしていますが、「ライカM-A チタンセット」はその伝統を受け継ぐ製品で、2001年に初登場した「ライカM6 TTL チタン」から数えて6機種目となります。

今回はフィルムカメラの「ライカM-A」とクラシックなデザインのレンズ「ライカ アポ・ズミクロンM f2/50mm ASPH.」のセットでの登場です。カメラ本体とレンズはいずれも他の製品とは一線を画すエレガントかつラグジュアリーな雰囲気を醸し出しており、時を経ても色褪せることのないタイムレスな魅力を放っています。

チタンは耐久性と堅牢性に非常に優れていることで知られる材質ですが、今回登場する「ライカM-A チタンセット」では、主要パーツは無垢のチタンを削り出しています。これにより、堅牢性の向上にとどまらず、他の材質では実現できない独特の質感を備えたハイエンドな印象のカメラとレンズのセットに仕上がっています。

「ライカM-A」は、デジタル的な要素を備えておらず電池も必要としない純粋な機械式カメラです。本当に必要な要素だけを厳選して取り入れるというライカの製品づくりの哲学を見事なまでに反映させ、カメラの「最もシンプルなかたち」へと立ち返りました。

今回の特別限定モデルには、トップカバーに「Ernst Leitz Wetzlar」の刻印がクラシックなフォントで施されており、洗練を極めた佇まいが光ります。一方「ライカ アポ・ズミクロンM f2/50mm ASPH.」は、1956年に登場した初代ズミクロンMの50mmレンズである「ライカ ズミクロン f2/50mm」をベースに外観をデザインしたレンズです。

今回の特別限定モデルでは、その外装にもチタンが採用されています。また、この「ライカ アポ・ズミクロンM f2/50mm ASPH.」のクラシックな要素のひとつである付属の丸型レンズフードの材質も無垢のチタンを削って作られています。

「ライカ アポ・ズミクロンM f2/50mm ASPH.」の光学性能は非常に優れており、35mmフルサイズカメラ用レンズの最高傑作との評価が高い逸品です。カメラ本体とレンズのセットは、ライニングにブラックカラーのシルクを用いた特製ボックス入りです。

特別限定モデル「ライカM-A チタンセット」は世界限定250セットで、カメラ本体とレンズのどちらにも、エディションナンバーが刻印されます。本モデルは、ライカストア、ライカオンラインストアおよびライカブティックにて2022年6月18日(土)より発売予定です。


【特別限定モデル】ライカM-A チタンセット商品ページ