Login Register Contact

<新製品情報>ライカTLシステム

2016/11/09

ライカカメラ社(Leica Camera AG、本社:ドイツ・ソルムス)は、“Made In Germany“のクラフトマンシップが実現する画期的なシステム「ライカTカメラシステム」の速度や操作性、と柔軟性をさらに磨き上げた「ライカTLシステム」を発売いたします。

革新的なカメラコンセプトをもとに、進化を遂げた「ライカTL」は、内臓メモリーが32GBと前モデルと比べて2倍になったほか、AF-Cモードでのオートフォーカス機能が向上しました。また、ライカの他のカメラシステムのレンズとの互換性が最適化されており、光学手ぶれ補正機能(OIS)を備えたライカSLレンズに対応するほか、「SL/T用Rレンズアダプター」を装着してライカRシステムのレンズを使用することが可能です。さらに、各種機能を備えた新しいライカTL用アプリが、iOSに加えてAndroidでも利用できるようになりました。このアプリを活用すれば、メールやSNS(ソーシャルネットワークサービス)で写真をシェアすることも可能になります。

「ライカTL」は、これまでのシルバーとブラックのほかに、新たにチタンカラーが加わり、3色のカラーバージョンを展開いたします。シルバーおよびブラックのボディのデザインはこれまでと同様で、新色のチタンカラーのボディは、トップカバーとボトムプレートが面取りされているという特長があります。さらに、バッテリーの交換も容易なナパレザーの上質なプロテクターなど、機能的なアクセサリーも豊富にラインアップし、また、カメラのカラーリングとマッチするキャリングストラップもストーングレー、ブラック、レッド、セメントの豊富なカラー展開です。

「ライカTL」は、APS-Cサイズの大型のCMOSセンサーを搭載し、高性能な画像処理エンジンと撮像素子との組み合わせにより、あらゆる状況下で卓越した画質を実現します。撮影が難しい光の状況下でも高コントラストかつ自然な色再現でディテールまで緻密に美しく描き出すことができます。

ライカ TLシステム用レンズは、幅広い用途に対応する6種類をラインアップしており、3種類の単焦点レンズと3種類のズームレンズにより、あらゆる撮影状況に対応する焦点距離を網羅しています。「ライカ ズミクロン TL f2/23mm ASPH.」および「ライカ ズミルックス TL f1.4/35mm ASPH.」は、ルポルタージュ写真の撮影に適した定番の焦点距離の大口径単焦点レンズです。また、「ライカ アポ・マクロ・エルマリートTL f2.8/60mm ASPH.」は細部に迫るクローズアップ撮影に最適なレンズです。「ライカ スーパー・バリオ・エルマーTL f3.5–4.5/11–23mm ASPH.」、「ライカ バリオ・エルマー TL f3.5-5.6/18-56mm ASPH.」、および「ライカ アポ・バリオ・エルマーTL f3.5-4.5/55-135mm ASPH.」の3種類のコンパクトなズームレンズは、35mm判換算で17~200mmという幅広い焦点距離をカバーしており、高いコントラストでフレームの隅々まで優れた描写性能を発揮します。

全てのライカTLレンズは、最短撮影距離から無限遠まで非常に優れた描写性能を発揮し、ライカならではの描写性能とボケを表現しています。また、全てのライカTLレンズは、ドイツ・ウェッツラー本社の光学系スペシャリストにより設計されており、ライカレンズとして知られている秀逸な描写性能を生み出しています。光学および各専門技術の組み合わせ、そして最高品質の素材のみを厳選することにより、あらゆる状況下で一貫した品質および信頼性を実現しています。

ライカTLカメラシステムは、ライカSLと同様の「Lバヨネットマウント」を採用していることから、アダプダーを使用せずにライカSLレンズをライカTLにも装着することができます。これらのシステムの互換性は、長きにわたりお使いいただける価値を提供するというライカの理念に基づいています。また、専用のマウントアダプターの使用により、ライカMレンズやライカRレンズを装着することも可能です。

「ライカTL」は、革新的な高精度な技術を駆使してアルミニウムの塊から削り出したボディが特長的で、コンパクトで堅牢感があり、素材感とその感触の良さを実感できます。最高の素材を用いて精緻な加工技術で製造するという従来のカメラの製造現場ではあまり見られない方法を採用しています。これにより、ライカTLシステム独特の外観、質感、堅牢性を実現しています。

「ライカTL」の操作コンセプトは、明快な構成、直観的な操作性、そして必要な機能のみに集中することを重視しています。主な操作は、3.7インチのタッチパネル上で行います。大型の液晶モニターは表示が明るくクリアなので、撮影時の構図も再生時の画質も細かく丁寧にチェックできます。撮影時や再生時の豊富な機能も、タッチパネルで簡単に操作・設定が可能です。タッチパネル以外の4つの操作部も直感的に操作しやすい位置に配置していますので、操作に迷うことなく撮影だけに集中できます。また、メインメニューからメニュー項目を自由に選んで登録できる「マイカメラメニュー(MyCamera menu)」により、よく使う機能はアクセスしやすいように並べ替えたりなど、使い勝手良くカスタマイズすることも可能で、瞬間的に撮影する場合でもフレキシブルに対応できます。

「ライカTL」はWi-Fi機能を搭載し、撮影した静止画や動画をスマートフォンやタブレット、パソコンにワイヤレスで転送して、メールやFacebookなどのSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)で共有できます。Wi-Fi機能を活用するためのiOS/Android用アプリケーション「Leica TL app」を使って、「ライカTL」とスマートフォンやタブレットをWi-Fi接続し、スマートフォンやタブレットの画面を見ながら撮影したり、シャッタースピードや絞り値を設定するなど、リモート操作をすることもできます。セルフタイマー代わりに利用したり、通常では難しいアングルで撮影したりできるので非常に便利です。