Login Register Contact

ライカCLが2018年度グッドデザイン賞を受賞

2018/10/05

この度、APS-Cサイズのセンサーを搭載したコンパクトなシステムカメラ「ライカCL」が、「2018年度グッドデザイン賞」(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)を受賞しました。

ライカCLは、卓越した描写力とシンプルで直感的に扱える操作性、そしてライカらしいデザイン性を見事に融合したシステムカメラです。コンパクトなボディに無駄のないすっきりとした外観と、直感的に扱えるユーザーフレンドリーな操作性を兼ね備え、手にしっくりと馴染む普段使いに最適なカメラです。電子ビューファインダーで被写体を見ながら、カメラ上部に配置された2つのダイヤルで、絞り値、シャッタースピードなどを設定でき、カメラを構えたままの状態でも操作しやすい絶妙なレイアウトとなっています。カメラを自在に扱いながらも1枚1枚を確実に撮影できるデザインです。

ライカCLは、ライカストアの店頭で実際に手に取ってお試しいただくことが可能です。ぜひ、お気軽にお立ち寄りください。

グッドデザイン賞審査委員による評価コメント
シンプルな長円形のフォルムに、レンズ、必要なダイヤル類、ホットシュー、ファインダー等を適所に配置しただけのような確信犯的なそっけなさが、各要素のロケーション、スペーシング、マテリアルの上質感を美しく際立たせている。撮る喜びだけでなく、1ランク上の所有する悦びをより多くのユーザーが享受出来る。