Login Register Contact

(c) Hideki Togi

(c) Ayako Yamamoto

【ライカ大丸東京店】東儀秀樹写真展「TOGI目線!」開催

2019/02/12

ライカカメラジャパン株式会社(本社:東京都千代田区)は、雅楽師・東儀秀樹氏の写真展「TOGI目線!」を、大丸東京店にて2019年3月20日(水)から26日(火)まで開催致します。本写真展では、東儀秀樹氏が、ライカM6やライカM10をはじめとする愛機で撮影した作品を、大丸東京店10階美術画廊およびライカ大丸東京店にて展示いたします。


写真展 概要
作家: 東儀秀樹
タイトル: TOGI目線!
期間: 2019年3月20日(水) - 3月26日(火)
*24日(日)は12時30分~16時頃まで閉場させていただきます。
また、最終日は17時にて終了させていただきます。
会場: 大丸東京店10階美術画廊 / ライカ大丸東京店
展示内容: 東儀秀樹氏が、ライカM6やライカM10をはじめとする愛機で撮影した作品を、大丸東京店10階美術画廊およびライカ大丸東京店にて展示いたします。


「写真にテーマなどない。グッとくる瞬間を面白がるだけ。切り取ったその先の変化も未知数だから想像が楽しい。世の中おもしろいことだらけだけど、面白いと思えるかどうかは自分次第。なんでもない瞬間も視点を変えたら急にドキドキできたり、愛くるしく思えたり・・・楽しい瞬間はいつでもどこにでも転がっている。キョロキョロしていれば人生ワクワクだよ。
ライカは手にするとさらにキョロキョロしたくなる衝動をくれる。」

東儀秀樹


東儀秀樹 プロフィール (雅楽師)
1959年東京生まれ。東儀家は、奈良時代から今日まで1300年間雅楽を世襲してきた楽家。父の仕事の関係で幼少期を海外で過ごし、あらゆるジャンルの音楽を吸収しながら成長した。宮内庁楽部在籍中は、篳篥(ひちりき)を主に、琵琶、太鼓類、歌、舞、チェロを担当。宮中儀式や皇居での雅楽演奏会をはじめ、海外公演にも参加し、日本の伝統文化の紹介と国際親善の役割の一翼を担ってきた。
1996年アルバム「東儀秀樹」でデビュー。雅楽器の持ち味を生かした独自の表現に情熱を傾ける。2018年8月、映画「レ・ミゼラブル」の「On My Own」、黒澤明監督作品「生きる」の「ゴンドラの唄」など、国内外で大ヒットした映画音楽を収録したアルバム「ヒチリキ・シネマ」をリリース。


<東儀秀樹トークショー開催>
写真展の開催に合わせ、3月24日(日)に、作家のトークショーを開催いたします。本イベントは事前申込制となっておりますので、ご参加をご希望の方は、下記のいずれかの方法でお申込みください。

<参加方法>
開催日時: 3月24日(日) 14:00~14:45
応募方法: 応募期間中に、下記のメールアドレス宛に、ご住所、お名前、年齢、電話番号をご記入の上、ご応募下さい。抽選で30名様をご招待いたします。
応募期間: 3月1日(金)~3月5日(火) 
お申し込み用メールアドレス: leicatalkshow@j-accurate.co.jp
*ご応募は、お1人様1回限りとさせていただいております。

応募多数の場合は抽選となります。
なお、当選された方にのみ、3月12日(火)にメールにてご連絡申し上げます。
 
お問合せ先:ライカ大丸東京店 03-5220-3322(直通)