Login Register Contact

【新製品】「ライカQ2」発表

2019/03/08

ライカカメラ社は、ライカ Qシリーズの次世代モデル「ライカ Q2」を発売いたします。「ライカ Q2」は、「ライカQ」の卓越したカメラ性能と時代に左右されない洗練されたデザインを受け継ぎながらも、新開発の35mmフルサイズセンサー、明るい高性能なレンズ「ライカ ズミルックス f1.7/28mm ASPH.」、高速オートフォーカスシステムそして革新的な有機EL電子ビューファインダーなど数多くの新性能・機能を搭載したカメラです。さらに同クラスのカメラでは唯一、ほこりや水滴の侵入を防ぐ保護シーリングを施しており、天候を気にせず撮影を楽しめます。

撮像素子には、有効4730万画素の35mmフルサイズセンサーを採用しています。細部まで鮮明な静止画や4K動画が撮影できるほか、最高ISO感度50000までの高感度撮影も可能です。レンズには、「ライカ ズミルックス f1.7/28mm ASPH.」を採用しており、高性能な撮像素子との組み合わせにより、優れた描写性能を発揮します。開放F値がF1.7と明るく、光量が少ないシーンでも美しく撮影できます。これらの特長から、ストリート写真から建築写真、風景写真、ポートレート写真まで、幅広い用途で活躍します。ピント合わせの方法は、マニュアルフォーカス(MF)またはオートフォーカス(AF)が選択できます。また、最短撮影距離17cmのマクロ撮影も可能です。これらの機能を駆使すれば、さまざまな状況下で創造力を自由に発揮して撮影できます。レンズの鏡筒には、AF/MFの切り替えをロックできる便利なボタンと、回転させるだけでマクロモードに切り換えできるダイヤルがあります。

今回新たに75mmレンズ相当の画角を選択できるようになり、さらに柔軟に表現を楽しめるようになりました。最大記録画素数で撮影できる28mmの焦点距離に加えて、ボタン操作一つで35mm、50mm、75mmの焦点距離の撮影範囲を示すブライトフレームを液晶モニター上にデジタル表示することが可能です。ブライトフレームは、ライカMシステムなどのレンジファインダーカメラでの撮影と同様に、撮影範囲の外側の様子まで確認することができるので、周囲の状況の変化に素早く対応できます。35mm、50mm、75mmの焦点距離で撮影した画像はそれぞれ3000万画素、1470万画素、660万画素のJPEG形式で記録されます。28mmの撮影では、最大記録画素数の4730万画素のJPEG形式とDNG形式の両方で記録されます。

「ライカ Q2」は、新開発の高精細368万ドットの有機EL電子ビューファインダーを搭載しています。高精細な表示により、どのような状況下でも被写体をしっかりと確認できます。また、従来よりも非常に高コントラストで深みのある色を実現しています。さらに、高精細ながらも電力消費を低く抑えました。アイセンサーの搭載により、目を近づけると自動的に電子ビューファインダー表示に切り換わります。表示切り換えのタイムラグも認識できないレベルまで速くなっています。

オートフォーカスでは、同クラス最速レベルの0.15秒未満でのシャープなピント合わせを実現しています。また、画像処理エンジン「LEICA MAESTRO II(ライカ・マエストロ・ツー)」にさらなる改良を加えたことにより、最大記録画素数4730万画素で10コマ/秒という圧倒的な高速連写性能を実現しており、日常に訪れる貴重な一瞬を逃さずとらえることが可能です。さらに、4K画質で映像を記録できる新しい動画撮影機能も搭載しており、クリエイティブな表現の幅がさらに広がります。迫力あるリアルな映像表現が可能なこの動画撮影機能では、4K動画(3840×2160、30fps/24fps)のほか、一般的なフルHD動画(120fps/60fps/30fps/24fps)も撮影できます。アプリ「Leica FOTOS」にも対応しており、Wi-Fi機能と組み合わせることで、撮影した静止画や動画をソーシャルメディアにアップロードして素早く簡単にシェアすることや、スマートフォンからカメラの各種の設定を変更してシャッターを切るなどのリモート撮影をすることができます。またBluetooth LE(Bluetooth Low Energy)経由で常時スマートフォンと接続することも可能です。

外観デザインにおいては、無駄を削ぎ落として本当に必要な要素だけを残すというライカの伝統的なコンセプトを受け継いでいます。また、“Made in Germany”のカメラとして、品質においても耐久性においても最高水準にある素材のみを用いて製造しています。本体背面には独特のサムレストの形状を取り入れているほか、外装には洗練されたダイヤモンドパターンのレザー外装を採用しています。これらのデザイン要素によってホールド性を向上しており、機能性とデザイン性の両立を達成しています。操作性においては、直感的に操作できるコンセプトを採用しました。例えば、背面の視度調整ダイヤルでは、設定値を誤って変更するのを防ぐデザインに変更しています。また、シャッターレリーズボタン周りに、カメラの電源オン/オフの切り換えレバーを設置しました。「連続撮影」への切り替えはメニューで設定できるように変更しています。

対応アクセサリーも豊富に揃え、上質なレザー製のカメラプロテクターとキャリングストラップをはじめ、フラッシュユニット(ライカ SF 40およびライカ SF 60)、サムレスト、ハンドグリップなどをラインアップしています。

「ライカ Q2」は、ライカストア、ライカブティックおよびライカ正規特約店にて2019年3月に発売予定です。

製品名: ライカQ2
税抜価格:650,000円
発売日: 2019年3月予定


ライカQ2商品ページはこちら