Login Register Contact

<新製品情報>特別限定モデル:「ライカM-P チタンセット」

2016/09/14

洗練された存在感を放つ特別限定モデル



ライカカメラ社(Leica Camera AG、本社:ドイツ・ウェッツラー、以下ライカ)は、特別限定モデル「ライカM-P(Typ240) チタンセット」を発表いたします。




「ライカM-P チタンセット」は、チタン素材で仕上げられたレンジファインダー式デジタルカメラのライカM-P (Typ 240)と、2 種類のレンズ「ライカ ズミクロンM f2/28mm ASPH.」および「ライカ アポ・ズミクロンM f2/50mm ASPH.」がセットになった特別なモデルで、世界で限定333セットを発売いたします。

「ライカM-P チタンセット」は、チタンを素材として作られた5 種目のモデルで、ライカM-P (Typ 240)をベースに、トップカバー、ベースプレートおよびダイヤル類が無垢のチタン材から削り出して作られており、洗練された特徴的な存在感を放っています。耐久性と耐摩耗性の優れたチタン材は、ライカM 型カメラ特有の堅牢性をより向上させることに加えて、真鍮を使用している通常のライカM-P に比べて、重量が約90g軽くなっています。トップカバー上部には伝統的な「Leica」のクラシックロゴが刻印されており、アクセサリーシューには限定台数のシリアル番号が刻印された、特別なモデルに仕上がっています。また、手にしっくり馴染む本革のボディ外装と同じくレザーのキャリングストラップが外観にエレガントさを与えています。

「ライカ ズミクロンM f2/28mm ASPH.」と「ライカ アポ・ズミクロンM f2/50mm ASPH.」は、ボディ外観とマッチした印象のチタンアルマイト仕上げで、フォーカスのフィート表示と焦点距離は赤文字(レッドスケール)になっています。「ライカ ズミクロンM f2/28mm ASPH.」では化粧リングに、「ライカ アポ・ズミクロンM f2/50mmASPH.」ではバヨネットリングに、それぞれ限定数の番号が刻印されています。

「ライカM-P チタンセット」のカメラおよびレンズの性能や仕様は通常モデルと同等です。M システムの伝統を受け継ぎながら進化をとげた「ライカM-P」は、デジタルレンジファインダーカメラの技術的利点を備えており、ライカM システムで広く知られる優れた堅牢性を発揮します。明るいレンズの「ライカ ズミクロンM f2/28mm ASPH.」は、コンパクトなサイズでありながら卓越した描写力を備え、ルポルタージュ写真に最適な広角レンズです。開放f 値が明るいことから、光の乏しい条件下でも優れた描写力を発揮します。「ライカ アポ・ズミクロンM f2/50mm ASPH.」は、光学設計から素材の選定、緻密で高度な製造方法から最終的な仕上げまで、あらゆる要素が見事なまでに融合した高性能なレンズです。ディテールまでシャープかつ高解像に描き出す優れた描写力が最大の特長です。


詳しくはこちらのページをご覧ください。
特別限定モデル:「ライカM-P チタンセット」