Login Register Contact

【特別限定モデル】「ライカMモノクローム “Drifter” by Kravitz Design」

2019/05/24

ライカカメラ社(Leica Camera AG、本社:ドイツ・ウェッツラー、以下ライカ)は、世界的なミュージシャンでデザイナーや写真家としても活躍するレニー・クラヴィッツとのコラボレーションによる特別限定モデルの第2弾「ライカMモノクローム "Drifter" by Kravitz Design」を発売いたします。

ライカと同氏は2015年に、「ライカ M-P(Typ 240)」をベースとした特別限定モデル「ライカ M-P “CORRESPONDENT” By Lenny Kravitz」を発売しました。このカメラは、同氏の父に敬意を表したもので、従軍記者としてベトナムに赴いていた同氏の父が帰国時に持ち帰った使い込まれたライカのカメラをヒントにしたものでした。今回の特別限定モデル「ライカMモノクローム "Drifter" by Kravitz Design」は、国際的なアーティストとして活躍するレニー・クラヴィッツの現在のライフスタイル、すなわち世界中のさまざまな場所を訪れた際に彼が目にしたものをモノクロ写真として独創的かつ印象的に描き出すという流儀をイメージしてデザインしたものです。

「ライカMモノクローム "Drifter" by Kravitz Design」は、旅先で写真撮影を楽しむのに欠かせないカメラやレンズ、バッグ、ケースなどをスタイリッシュに仕上げたセットです。セットに含まれるのは、ユニークなデザインを採用した「ライカ M モノクローム(Typ 246)」とそのデザインにマッチしたキャリングストラップ、および「ライカ ズミクロン M f2/28mm ASPH.」と「ライカ アポ・ズミクロン M f2/75mm ASPH.」の2本の大口径レンズです。また、“The Drifter Traveler”バッグも含まれます。このバッグは、素材にブラウンカラーのフェイクレザーを使用したもので、カメラと2本のレンズに加えて旅行に必要な小物類も収容できる大容量が特徴です。さらに、カメラ本体とアクセサリーを収納できるフェイクレザー製のヴィンテージスタイルのポーチ2個とレンズケース2個も付属します。「ライカMモノクローム "Drifter" by Kravitz Design」は、世界で限定125セットを発売いたします。

カメラ本体は、通常モデルの「ライカ M モノクローム (Typ 246)」をベースに、ユニークなデザインと仕上げを採用しています。表面には特殊なセピアブラウンペイント仕上げを施しています。使い込んでいくうちにペイントが少しずつ剥がれていき、それぞれ異なる風合いが生まれ、個性が出てきます。また、ホットシュー、設定ダイヤル、シャッターレリーズボタンなどの一部の操作系のパーツは、素材に真鍮を採用しているものの、表面を保護するペイントを施していません。そのため、これらの部分も長年使用していくうちに魅力的な表情をみせるようになります。レザー外装には、スネーク風の独特なフェイクレザーの「シンセティック・パイソン」を使用しており一台一台色味や風合いが異なります。クラヴィッツ氏が今回のコラボレーションでこのフェイクレザーを選択した背景には、ファッションデザイナーであり動物愛護運動家の親友、ステラ・マッカートニー氏の影響がありました。マッカートニー氏は自身がデザインするファッションアイテムにフェイクレザーを多用しています。キャリングストラップは織布で、カメラ本体のレザー外装と同じフェイクレザーで覆っています。

セットに含まれる2本のレンズにも、カメラ本体と同じセピアブラウンペイント仕上げを施しています。「ライカ ズミクロン M f2/28mm ASPH.」では、通常モデルとは異なり、組み込み式のレンズフードを採用しています。これはもう一方の「ライカ アポ・ズミクロン M f2/75mm ASPH.」と同じ構造で、レンズフードを回して引き出す仕組みになっています。レンズキャップとレンズフードの先端部分の縁をなめらかに加工して、コーティングを施さずに真鍮が露出する仕上げを採用しているのも、特別限定モデルとしてのこれらのレンズの特徴です。

レニー・クラヴィッツは1964年にニューヨーク市のブルックリン区でウクライナ系ユダヤ人の父とアフリカ系アメリカ人の母の間に生まれました。シンガーソングライターとして世界的に有名ですが、音楽プロデューサーや俳優としても活躍しているほか、写真の分野でも才能を発揮しています。音楽の分野ではマルチプレイヤーとして知られており、スタジオでのレコーディングでは通常、自らすべての楽器を演奏します。また、アナログ機材を使用してレコーディングを行い、レトロなスタイルを強調した楽曲を生み出しています。一方、ビジュアルアーティストとしての活躍も著しく、自身のデザイン事務所であるクラヴィッツ・デザインを設立しています。さらに、才能あふれる写真家としての地位も確立しており、2015年にはモノクローム写真集の『Flash』を出版しました。同氏は今回の特別限定モデルについて次のように語っています。「『ライカ M モノクローム』のクオリティーは非常に素晴らしいと思います。モノクローム写真からは、私の心の琴線に触れるフィーリングが受け取れます。自分自身でも物事をモノクロームで見ようとする意識が強いのですが、そうすることにより物事がよりリアルに映り、より深く記憶に刻まれる気がします。モノクローム写真には、そんな特別な何かがあるのです」

「ライカMモノクローム “Drifter” by Kravitz Design」は、ライカストアおよびライカブティックにて2019年6月に発売予定です。