Login Register Contact

【新製品】「ライカM-E (Typ240)」

2019/07/03

ライカカメラ社(Leica Camera AG、本社:ドイツ・ウェッツラー、以下ライカ)は、レンジファインダーカメラシステム「ライカMシステム」の最新モデル「ライカM-E (Typ240)」を発売いたします。本製品は魅力的な価格での提供となります。「ライカM-E」には、他のM型カメラと同じく、撮影に本当に必要な要素だけを取り入れるというライカのデザイン哲学が色濃く反映されています。これにより、直感的に扱える優れた操作性を実現し、本当に重要なこと、つまり写真の構図の確認や撮影自体に集中することができます。

「ライカM-E」は、象徴的なデザイン、そして高品質な設計と仕上げを特徴としています。本革をまとったコンパクトな本体には、ほこりや水滴の侵入を防ぐ保護シーリングが施されています。また、トップカバーとベースプレートのカラーには、「ライカM-E」のために特別に開発されたアンスラサイトグレーを採用しています。他のM型カメラと同じく、「ライカM-E」もMシステム独自のMバヨネットマウントを採用しているため、過去に製造されたほぼすべてのMレンズを装着できます。

撮像素子には有効2400万画素のフルサイズCMOSセンサーを採用しており、超微細なディテールまで再現する高解像と、撮影ワークフローに無理なくスムーズに組み込めるファイルサイズとの理想的なバランスを実現しています。「ライカM-E」は最高ISO感度6400までの高感度撮影も可能で、採光条件に恵まれない状況下でも卓越した描写力を発揮します。2GBのバッファメモリーを搭載し、高速連写の撮影にも対応できるため、決定的な瞬間を確実に捉えることができます。

「ライカM-E」は、動画撮影機能を搭載しています。フルHD(1920 x 1080画素)で24コマ/秒、25コマ/秒、30コマ/秒のフレームレートが用意されており、ライカならではの見え味を動画でも実現できます。このため、カメラを交換することなく、ライカクオリティでプロ仕様の映像を作り上げることが可能です。

「ライカM-E」は、2019年7月より販売予定です。なおこのカメラは数量限定生産のため、在庫がなくなり次第、販売終了となります。