• Top
  • Camera
  • ライカM10-P “ASC 100 Edition”

ライカM10-P “ASC 100 Edition”

20031

ライカは、全米撮影監督協会(American Society of Cinematographers、ASC)の設立100周年を記念し、映画の世界にふさわしい特別モデル「ライカM10-P “ASC 100 Edition”」を発表いたしました。

映画芸術を推進するために1919年に設立された全米撮影監督協会は、この分野では世界で最も長い歴史を持ち、時代を代表する撮影監督たちが会員となってきました。ハリウッドに本部を置く同協会は、ライカと同じく100年以上にわたり、あらゆる世界の文化人に影響を与え、それを形作ってきました。同協会が2019年2月に33回目を数える名誉あるASCアワードを表彰したことに合わせ、映画製作者のための特別モデル「ライカM10-P “ASC 100 Edition」がお披露目されました。

¥2,750,000 (税込)

無類の写真好きだったオスカー・バルナックは、重量のあるスチルカメラの扱いにくさを軽減する必要性を感じていました。そこで、当時の映画製作者が主に使用していた35mm映画用フィルムを使用し、映画の2コマ分を1画面として使う24×36mmのフィルムサイズを採用したスチルカメラを製作しました。これについて、彼は自身のメモに「Mikrokinoeinrichtung fertig für Aufnahmen」(映画の撮影に対応したマイクロシネ装置)と書き記しています。この発想から1914年に「ウル・ライカ」が生まれることになり、現代に続く35mm判の基礎となりました。

これが「ウル・ライカ」の誕生にまつわる1つのストーリーですが、実はその裏にもう1つのストーリーがあります。オスカー・バルナックは当時、映画用フィルムの露出をテストできる装置を求めていました。20世紀初頭ごろは、撮影する前にシーンの視覚的および技術的特性をチェックするのは、現代以上に大変な作業でした。当時の映画製作者は、大型で重いシネカメラで貴重な35mmフィルムを回し続けて撮影しながら、適正露出を調べなくてはならなかったのです。

オスカー・バルナックはこれに対し、自身が開発した画期的な「ウル・ライカ」のおかげで、フィルムのわずか1コマを露出させるだけでこれを確認できるようにしました。さらに、彼はこの技術に磨きをかけ、露出過度および露出不足のフィルムを使用して、理想的な露出値の近似値を得ることに成功しました。バルナックが生み出した35mm判スチルカメラ第1号機によってフォトグラフィーの世界に新時代が到来したことで、ライカの名は映画製作と強く結びつくことになりました。そしてこの度、1世紀以上前に始まったストーリーに新たなエピソードが加わりました。それが、バルナックの独創的な発想を現代に色濃く伝える特別モデル「ライカM10-P “ASC 100 Edition"」です。

この特別モデルは、市販されているカメラの中で、写真に映画の質感を再現することができる唯一のカメラです。このモデルで初めて、シーンの特性、主観的な「感じ方」やフレーミングなどを確実かつ容易に解釈できるようになりました。

シネルックの特別な仕様の「ライカM10-P」とレンズ「ライカ ズミクロンM f2.0/35mm ASPH.」を組み合わせたこの特別モデルは、卓越した視覚体験を提供したいと考える映画監督や映画製作者の大きな力となる、まさにプロ向けのアイテムと言えます。

2つのシネルックモデルは、ライカの画質を担当するスペシャリストと世界的な影響力を持つ映画製作者やASCのメンバーが協力して開発しました。「ASC Cine Classic」モードでは35mm映画用フィルムの質感を、「ASC Contemporary」モードでは現代映画の最先端のデジタル的な質感を表現することができます。 

また、「ライカM10-P “ASC 100 Edition”」がプロフェッショナルな映画製作者にとって完璧なアイテムとなるよう、映画撮影に用いられるさまざまなアスペクト比をユーザーが自由に選択できるようになっており、その選択を有効にすると、選択したアスペクト比がブライトフレームとして表示されます。

  この特別限定モデルには、電子ビューファインダー「ビゾフレックス」と「ライカM-PLマウント」も含まれています。シネルックと選択可能なアスペクト比だけでなく、さらにビューファーンダーを組み合わせると、デジタルシーンファインダーとして活用できます。また、「ライカM-PLマウント」を装着すると、市販されているPLマウント系のほぼすべてのシネレンズに対応できるようになります。さらに「ライカM10-P “ASC 100 Edition”」では、撮影を開始する前に、映画監督や映画製作者が希望のレンズでシーンをチェックすることができます。そこにカメラとアプリ「Leica FOTOS」を組み合わせれば、ロケーション探しもより簡単に行えるようになり、その内容を撮影プロジェクトの関係者全員とすぐに共有して話し合うことも可能です。

  オスカー・バルナックのビジョンの近代的な解釈は、「ライカM10-P “ASC 100 Edition”」ならではのユニークな機能に加えて、カメラのデザインにも反映されています。本質を徹底的に追求して、無駄をそぎ落としたデザインを採用し、ブラッククローム仕上げの表面に刻み込まれている文字もすべてブラックとなっています。また、「ライカSL」を思い起こさせるレザー外装により、外観の機能的な印象がさらに強められています。セットの特別レンズ「ライカ ズミクロンM f2.0/35mm ASPH.」の設計はカメラとは対照的に、「ウル・ライカ」の特徴が反映されています。ゴールドアルマイト仕上げが画期的な「ウル・ライカ」の真鍮部を想起させるとともに、スタイリッシュなゴールドがモダンな印象を与えています。さらに、一定の照明条件下では消えたように見える、トップカバーに配されたクラシックなASCのロゴが「ライカM10-P “ASC 100 Edition”」の外観を引き締めています。