Login Register Contact

ライカ M7 ブラック・クローム(生産終了)

10548

世代から世代へと受け継がれるM型フィルムカメラ

ライカM型フィルムカメラは、時を経ても変わらぬ価値を保ち続けています。「ライカM7」は、高精度なメカニズムと優れた光学性能はもちろんのこと、M型フィルムカメラでははじめて絞り優先AEを搭載しています。

カラー:シルバー・クローム
¥ 627,000(税込)
LINEで送る

ライカM7 クラシックなM型カメラの最高峰

決してその本質が失われることはなく、時代の変化に応じて洗練され、時を経ても変わらぬ価値を保ち続ける名作は、クラシック作品と呼ばれます。フィルムカメラのライカM7は、まさに撮影ツールのクラシック作品。これまでのM型カメラと同じ高精度なメカニズムと光学系はもちろんのこと、最先端の電子技術を効果的に応用し、歴代のM型フィルムカメラの中では最も正確かつ柔軟に撮影できる機能も備えています。そのひとつが、マニュアル設定した絞り値に応じてシャッタースピードが無段階で自動設定される絞り優先AEモードで、これを使用することによりフォーカシングとフレーミングというクリエイティブワークの要だけに集中できます。

きわめて高精度 布幕フォーカルプレーンシャッター

M型フィルムカメラの全モデルに採用されてきた高性能な横走り布幕フォーカルプレーンシャッターに改良を加え、絞り優先AEモードに欠かせない性能を付加しています。電子的にも制御できるようにするとともに、静音性を向上しています。シャッタースピードの使用頻度が高い1/60秒と1/125秒は、電池がなくても撮影できます。

創造力を広げる フラッシュ機能

対応フラッシュユニットを使えば、後幕シンクロでの撮影も可能です。動きのある被写体を撮影したり、日中シンクロでかなり遅めのシャッタースピードにしたりするときなどに、より自然な印象で写し出せます。また、通常のフラッシュ同調速度は1/50秒ですが、SCAシステムに対応したMetz社製のフラッシュユニットを使えば、最高で1/1000秒に設定できます。

フィルム感度を自動設定 DXコード

フィルム感度の設定は、マニュアル設定だけでなく、内蔵のセンサーがフィルム感度を読み取る自動設定(DXコード)も選択できるので、誤ったフィルム感度設定による露出ミスの心配はありません。また、絞り優先AEモードでは、±2EVの範囲で露出補正が可能です。

信頼の自動露出 絞り優先AEモード

おなじみのマニュアル露出モードに加え、マニュアル設定した絞り値に応じてシャッタースピードが無段階で自動設定される便利な絞り優先AEモードを搭載しています。また、シャッターレリーズボタンを2番目の作動ポイントまで押し込めば、露出値を固定するAEロックが使用できます。
型式 35mmフィルムレンジファインダーカメラ  電子制御式および機械制御式(1/60秒と1/125秒)シャッター搭載
レンズマウント ライカMバヨネットマウント方式
ファインダー大型ブライトフレームファインダー  パララックス自動補正機能付き ブライトフレームは採光式 
ピント合わせ:フォーカシング測距枠(ファインダー中央部に明るい領域として表示)を使用、
スプリットイメージ式および二重像合致式
ファインダー倍率0.72倍 ライカMアラカルトにて0.85倍または0.58倍を選択可能
ブライトフレームと撮影範囲使用レンズの最短撮影距離のときにフィルム(約35×23mm)で撮影される範囲を表示 無限遠のときは、
使用レンズの焦点距離に応じて、ブライトフレームの表示よりも約9%(28mmレンズ)〜23%(135mmレンズ)広い範囲を撮影
アイピース視度:-0.5dpt. 視度補正レンズ(-3〜+3dpt.)を装着可能
フィルム感度ISO 25/15°〜5000/38°( DXコードによる自動設定)またはISO 6/9°〜6400/39° (マニュアル設定)
ドライブモード1枚撮影 フィルム巻き上げ:手動
ピント合わせ光学ファインダー/距離計による方式を用いたマニュアル操作

Lens関連商品

Accessory関連商品