• Top
  • Lens
  • ライカ ズミルックス M f1.5/90mm ASPH.

ライカ ズミルックス M f1.5/90mm ASPH.

11678

ポートレート撮影の新たなベンチマークとなるレンズ

「ライカ ズミルックスM f1.5/90mm ASPH.」は、さまざまなジャンルでクリエイティブな表現ができるレンズです。例えば、ポートレート撮影では被写界深度を浅くして人物だけを際立たせたり、人物のシャープな部分からソフトに背景までぼかす事もできます。このレンズの光学設計は新たな基準を打ち立てるほど優れており、絞り開放から高い描写力を発揮します。焦点距離は中望遠といえる90mmで、ポートレート撮影に理想的です。開放F値もF1.5と明るく、定常光での撮影にもしっかり対応します。最短撮影距離も短いため、被写体にグッと近づいて細部をとらえることも可能です。

<Attention>
こちらの商品は予約販売です。
入荷まで少々お時間をいただく場合がございますので、予めご了承いただけますようお願い申し上げます。
商品が入荷され次第ご連絡を差し上げます。

¥1,650,000 (税込)

光学設計

「ライカ ズミルックスM f1.5/90mm ASPH.」の光学デザインはきわめて複雑な構造です。レンズは6群8枚で構成されており、そのうち2枚は特殊なガラスを使用した非球面レンズが使われています。さらにコンパクトなレンズに組み込むのが非常に難しいフローティングシステムも採用し、撮影距離全体にわたって卓越した光学性能を発揮します。

MTF特性図では、被写体までの距離に関係なく、レンズは絞り開放から非常にシャープにコントラスト豊かにディテールまで忠実に再現できるという特性を示しており、周辺画質が低下することもほとんどありません。これほど明るいレンズでも最短撮影距離はわずか1mで、最大撮影倍率は1:8.8と、ポートレートに必要な近距離撮影にも対応できます。

「ライカ ズミルックスM f1.5/90mm ASPH.」の焦点距離は90mmで、ライカMマウントの可能性を存分に活かすことができます。最新の「ライカ ズミルックスM f1.5/90mm ASPH.」の光学設計と再現性の美しさは、「ライカ ノクティルックスM f1.25/75mm ASPH.」 と非常によく似かよっています。例えば、どちらのレンズも焦点域が非常に狭く、被写界深度も伝説的なレンズ「ライカ ノクティルックスM f0.95/50mm ASPH.」のわずか半分程度の浅さとなっています。

「ライカ ズミルックスM f1.5/90mm ASPH.」は複雑な設計と特殊なガラスを採用し、周辺の減光や歪みなどの光学収差を最小限に抑えています。また、繰り出して簡単にロックできる一体型レンズフードにより、迷光や反射をしっかり抑えることができます。

高精度が完璧を生み出す

「ライカ ズミルックスM f1.5/90mm ASPH.」ならではの独特の性能は、光学系を構成するレンズの素材によるものだけではなく、高精度の製造と組み立て工程によるものでもあります。これらにより、高い耐久性を確保するとともに、レンズとしての価値を末永く維持することができます。また、きわめてスムーズなピント合わせの動作とボケのコントロールも、光学系を高精度な調整で組み立てているからこそ可能になります。

「ライカ ズミルックスM f1.5/90mm ASPH.」は、被写界深度をきわめて浅くしてメインの被写体を際立たせることができる特徴と、適度な距離から撮影できる焦点距離により、ポートレート撮影の定番のレンズの中でもひときわ異彩を放つユニークなレンズといえます。

「ライカ ズミルックスM f1.5/90mm ASPH.」は、絞りを開放にして被写界深度を浅くし、ピントを合わせて構図を緻密に練り上げることができます。ライカM型デジタルカメラの場合には、オプションの外付け電子ビューファインダー「ビゾフレックス」を使うことで、よりピントが合わせやすくなります。

「ライカ ズミルックスM f1.5/90mm ASPH.」は、ライカSLシステムに装着して撮影を楽しむこともできます。ライカL用Mレンズアダプター(別売)を使用すれば、「ライカSL」と「ライカSL2」に装着可能です。

L用Mレンズアダプター ブラックシルバー(別売)を使うことで、「ライカSL」や「ライカSL2」など、Lマウントを採用したライカSLシステムなどのカメラ各種にも装着して撮影が楽しめます。