【ライカGINZA SIX】大門美奈写真展「新ばし」開催

ライカGINZA SIXでは、写真家として幅広い分野で活躍する大門美奈の写真展 「新ばし」を5月11日より開催いたします。

本写真展では、大門美奈がモノクロ専用デジタルカメラ「ライカM10モノクローム」をはじめとしたライカで、歴史と伝統のある新橋芸者の美を撮り下ろしたモノクローム作品13点を展示いたします。

プリントには、この展示にて初のお披露目となるDNPメディア・アートによる「高品質モノクロプリント」技術を用い、新橋芸者の美しさやしなやかさを繊細かつ階調豊かなプリントで表現しています。

大門氏の美学が凝縮されたモノクロームの世界をお楽しみください。


写真展概要

作家:大門美奈
タイトル: 新ばし
会期:2022年5月11日(水)- 8月18日(木)
会場:ライカGINZA SIX  
   東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 5F  Tel. 03-6263-9935
展示: 新橋芸者を撮り下ろしたモノクローム作品13点 (額装12点、大判パネル1点)



花街としての新橋は、現在の銀座~東銀座を指す。
芸者衆のお稽古場の近くにはかつて木造の「新橋」が架かっていたことにその名は由来し、「新橋芸者」と呼ばれるようになったという。
踊り手である立方(たちかた)、奏者の地方(じかた)から成る宴席で披露される彼女らの余興は、芸の新橋と賞されるに相応しく、それは艶やかで洗練され、かつ品よく趣があり、私はすっかり魅せられてしまった。胃に流し込んだ酒が沸き立つのを感じつつ、私は興奮のなか彼女らにレンズを向けた。

彼女らをおさめるカメラはライカでなくてはならなかった。
被写体との間合いを目測で測り、手元でおおよそのピント位置を調整して、ファインダーを覗いたら瞬時にシャッターを切るといった作法が相応しいだけでなく、ライカで撮ることが日々上質に触れてきた「新ばし」を背負って立つ芸者衆への礼節のような気がしたのだ。

ライカも新橋芸者も、国は違えど長い歴史のなか、かたや技術、かたや芸を磨き、そこに携わる多くの人たちの手によって後世に伝えられたひとつの美のかたちである。

ここ銀座は、新橋芸者ゆかりの地。
これらの写真は、ライカを手に「新ばし」という世界を垣間見ただけの序章のようなものではあるが、新橋芸者の一端をちらとでも感じられたらと願う。

大門美奈


大門美奈プロフィール

個展・グループ展多数開催。代表作に「本日の箱庭」・「浜」、 同じく写真集に「浜」(赤々舎)など。海外や日常のスナップのほか、日本の伝統や陰影を生かした美の表現を得意とし、特にモノクロームでの表現に定評がある。 https://www.minadaimon.com

協賛:株式会社DNPメディア・アート
協力:東京新橋組合、新ばし 金田中、CALOTYPE PHOTO WORKS

プリントについて

本展のプリントは、DNPメディア・アートによる「高品質モノクロプリント」です。オフセット製版・印刷技術をベースに開発した、銀塩でもインクジェットでもない、モノクロプリントの新しい選択肢です。画像制作・刷りの両面から専門ディレクターが品質管理し、工芸的・版画的手法で職人が一枚一枚プリントする、デジタルとアナログのハイブリッドなプリントです。芸者の美しくしなやかな佇まいや所作を、大門氏の感性により、ライカの鋭くかつ柔らかい描写を持つカメラとレンズで写し取り、それを繊細かつ階調豊かなプリントで表現しました。



本写真展は「DNPプラザ」および「ライカ大丸心斎橋店」でも開催されます。

DNPプラザ
会期:2022年6月3日(金)- 9月30日(金)
会場:DNPプラザB1F  https://dnp-plaza.jp/ 
   東京都新宿区市谷田町1-14-1 DNP市谷田町ビル
展示数:額装6点 

ライカ大丸心斎橋店
会期:2022年夏頃~
会場:ライカ大丸心斎橋店 
   大阪府大阪市中央区心斎橋筋1-7-1 大丸心斎橋店 本館6F
展示数:額装12点