【新製品】「ライカ バリオ・エルマリートSL f2.8/24-70mm ASPH.」発表

幅広い撮影シーンで活躍するライカSL レンズが新たに登場。「ライカSL2」「ライカSL2-S」とのセットも発売


ライカカメラ社は、ライカSLシステム用レンズのラインアップを拡充する新しい高性能ズームレンズ「ライカ バリオ・エルマリートSL f2.8/24-70mm ASPH.」を発売いたします。

「ライカ バリオ・エルマリートSL f2.8/24-70mm ASPH.」は、ルポルタージュをはじめ旅先やスタジオでの撮影、建築物、風景、ポートレートの撮影、さらにはクローズアップ撮影から動画撮影まで、さまざまな撮影シーンで活躍するズームレンズです。


幅広い焦点距離とズーム全域で開放値F2.8という明るさが特長で、まさにオールマイティなレンズといえます。コストパフォーマンスにも優れており、ライカSLシステムにステップアップする際の最初の1本としても最適です。また、ライカSLシステムは初めてというユーザーに向けて、「ライカSL2」または「ライカSL2-S」と「ライカ バリオ・エルマリートSL f2.8/24-70mm ASPH.」とのセットもお求めいただきやすい価格でご用意いたします。

「ライカ バリオ・エルマリートSL f2.8/24-70mm ASPH.」は、15群19枚という複雑なレンズ構成を採用し、優れた描写性能を実現しています。そのうち3枚が両面非球面レンズです。また、9枚のレンズは異常部分分散特性を持つ高品質な特殊ガラスを採用しており、ズーム全域で色収差を良好に補正しています。フォーカス機構では、軽量なレンズによるインナーフォーカス方式を採用するとともに、静かなステッピングモーターを利用した駆動方式により、高速・高精度で静音性に優れたオートフォーカスを実現しています。ボディは堅牢なメタル製で、防塵・防滴性能を備えており、厳しい環境下でも安心してご使用いただけます。 

また、敢えて光学式手ブレ補正機能を搭載しないことで、コンパクトなボディを実現しています。「ライカSL2」または「ライカSL2-S」にこのレンズを装着すれば、カメラ本体の多軸手ブレ補正機能により、手ブレをきわめて効果的に補正できます。本機能は、静止画はもとより動画の撮影でもしっかりと効果を発揮します。絞り羽根は11枚というほぼ円形の設計で、なめらかなボケ味が表現できます。焦点距離24mm時の最短撮影距離は18cm、70mm時は38cmときわめて短かく、近接撮影でも美しい描写が可能です。 

「ライカ バリオ・エルマリートSL f2.8/24-70mm ASPH.」および「ライカSL2」「ライカSL2-S」とのセットは、ライカストア、ライカオンラインストア、ライカブティックおよびライカ正規特約店にて、2021年5月下旬より発売予定です。


ライカ バリオ・エルマリートSL f2.8/24-70mm ASPH.


カメラボディとレンズがセットのお求めやすい価格になったセット

ライカSL2-S & バリオ・エルマリートSL f2.8/24-70mm ASPH.セット

ライカSL2 & バリオ・エルマリートSL f2.8/24-70mm ASPH.セット