Login Register Contact

アポ・ズミクロンSL f2/50mm ASPH.

11185
「ライカ アポ・ズミクロン SL f2/50mm ASPH.」はオールマイティな標準レンズで、50mmという実用的な焦点距離により、ルポルタージュや旅行、建築、風景、ポートレートのほか、スタジオ撮影やクローズアップ撮影やドキュメンタリー撮影まで、幅広いジャンルや用途に対応いたします。「ズミクロン SL」シリーズのレンズはいずれも非常に優れた描写性能を発揮し、それぞれの焦点距離で新たな基準を打ち立てていますが、「ライカ アポ・ズミクロン SL f2/50mm ASPH.」も同様に、標準レンズの新たな基準を打ち立てる仕上がりとなっています。

<Attention>
こちらの商品は予約販売です。
入荷の時期につきましては未定でございます。予めご了承ください。お届けまでにお時間をいただきますことお詫び申し上げます。商品が入荷され次第ご連絡を差し上げます。
¥ 627,000(税込)
予約のお問い合わせ
LINEで送る

Dual Syncro Drive TMを採用したAFシステム:瞬時にきわめてシャープに描写

アポ・ズミクロンSLレンズのオートフォーカスは、高速、高精度、静音性が特長で、この優れたAF性能の理由は、その駆動ユニットにあります。アポ・ズミクロンSLレンズが搭載している駆動ユニットでは、Dual Syncro Drive TMを採用したきわめて強力で耐久性に優れたステッピングモーターを使用しています。これにより、きわめて速いオートフォーカスを実現しています。 設計にあたっては、光学系とメカニズムの専門技術者と電子技術のスペシャリストがチームを結成し、ダブルインナーフォーカス方式に基づく特殊な構造の光学系を目指しました。2枚のきわめて軽いフォーカスレンズを採用することにより、非常にコンパクトな駆動システムが実現できました。 SLシステムではオートフォーカスにコントラスト検出方式を採用しています。コントラスト検出方式では、複数の焦点位置で被写体のコントラストを計測して合焦位置を特定することで、高精度なピント合わせが可能になります。そのため、コントラスト検出方式で要求される速い速度でフォーカスレンズを前後に移動させなければなりません。したがって、必要となったのは無駄な動きがない高性能な駆動システムでした。

優れたコントラスト性能:奥行き感のある描写

開放F値はF2で、より明るいレンズに比べてサイズはきわめてコンパクトですが、同じように奥行き感のある描写が得られます。 写真では一般的に、コントラストがきわめて高い部分はシャープに見え、逆にコントラストが低い部分はそれほどシャープには見えません。これが奥行き感として認識されます。アポ・ズミクロンSLレンズの場合は通常のレンズよりもコントラストの差がきわめて大きく、ピントが合っている部分のコントラストが、ピントが合っていない部分よりもかなり強くなります。つまり、ピントが合った部分が前景や背景よりもいっそう際立ち、より効果的に強調されます。そのため、奥行き感が印象的で立体感のある表現が得られるのです。

洗練された光学系とメカニズム:新たなスタンダード

開発においては、迷光と反射光の低減も最重要課題のひとつとして重視しています。その結果、光学系とメカニズムの設計を最適化することや、レンズの表面に上質なコーティングを施すことで、反射を極限まで抑えています。

複雑な電子回路:快適な操作性

SL用アポ・ズミクロンレンズの主な機能であるオートフォーカス、マニュアルフォーカス、絞り値の設定はすべて、さまざまな制御システムの働きや演算に基づいて動作が行われます。そして、ダブルインナーフォーカス方式を採用しているため、搭載する電子回路に求められる動作もきわめて複雑になります。 すなわち、2つの別々のフォーカシングユニットが完璧に同調して機能し、なおかつ繰り出し位置の情報を非常に高いサンプリングレートで分析してカメラ本体に伝達することが求められます 。レンズからカメラへの情報伝達速度はきわめて速く、タイムラグはまったく感じられません。これは、コントラスト検出方式による高速・高精度なオートフォーカスの実現に欠かせない最も重要な条件です。 一方、絞りの駆動はステッピングモーターが行います。このステッピングモーターでは、特殊なマイクロステップ制御システムにより、高速かつ高精度で振動を最小限に抑えた駆動が可能になっています。

マニュアルフォーカス:これまでにない操作性

マニュアルフォーカスを行うためのフォーカスリングでは、磁極を反転させることができるリング状の磁石を搭載するという、これまでにないまったく新しい構造と仕組みを採用しています。フォーカスリングを回すとこの磁石の磁極が反転し、それをセンサーが検知してその情報をメインプロセッサーに伝達します。その情報からフォーカスリングの回転角度と速度に基づいてピントの位置を調節する仕組みになっています。 また、ほこりや水滴の侵入を防ぐとともに衝撃 にも強い構造になっています。気温が変化してもその影響を受けず、高精度なピント合わせが可能です。さらに、長年使用しても無駄のないスムーズな動きが変わることはなく、常に快適に操作できます。

卓越したデザイン:ディテールにまで配慮

軽量・コンパクトでホールド性と質感にも優れたデザインにより、きわめて快適に撮影できます。「ライカ アポ・ズミクロンSL f2/75mm ASPH.」と「ライカ アポ・ズミクロンSL f2/90mm ASPH.」はほぼ同サイズですので、レンズを取り換えても違和感なくマニュアルフォーカスを行うことができ、またホールド感も変わりません。
テクニカルデータ
画角(対角線、水平、垂直) 47.2°、40.0°、27.3°
光学系
レンズ構成 10群12枚
非球面レンズ 3枚
入射瞳位置(バヨネットからの距離) 63.2mm
撮影設定
撮影距離 0.35m~∞
最短撮影範囲 120×180mm
最大撮影倍率 1:5
絞り
設定方式 電子制御式、カメラ本体のセットアップメニューにて1/2段または1/3段にEVステップを設定可能
設定範囲 F2~F22
最小絞り F22
レンズマウント ライカ Lバヨネットマウント (35mm判フルサイズ対応)
フィルターサイズ E67
寸法 / 質量
長さ(先端からバヨネットフランジまで)102mm
最大径73mm
質量740g

Camera関連商品

Recommend